文字通りの低料金を実現|ローコスト住宅を建てる

模型

木造でコストダウン

福岡のローコスト住宅に向いている構造体は木造です。その理由は構成が木材なのでシンプルで、さらに木材の選択肢の幅が広いこと、建物の重量が軽く、地盤改良などの費用が抑えられるためです。柱間が一間半以上にならない間取りや、1階と2階の柱の位置が重なるような間取りにすることでコストダウンにも繋がります。

模型を持つ人

ローコストは実現可能

福岡でローコスト住宅を建てるなら郊外が良いです。土地の価格は安く、交通アクセスの利便性も良いため、ローコストでマイホームを建てる環境としてピッタリです。郊外から福岡市内や北九州市内で通勤通学する人も多いため、郊外でローコスト住宅を検討されている方は必見です。

室内

低予算での新築一戸建て

福岡で新築一戸建てを建てたくとも、予算の不安がある場合があります。そこで、少ない予算でも工務店と相談しながら建てることができるようにするためにも、ローコスト住宅を検討するとよいでしょう。設備をある程度削ることにはなりますが、事前に調整しながら建てることで、暮らしやすい住宅を建てることができます。

建物の形をシンプルに

家

箱型の家が基本

福岡にローコスト住宅を建てる目的は、建築工事費の総額をできるだけ低く抑えようということです。しかし、何でもやみくもに安く金額を下げるのでは、仕様や品質が安かろう悪かろうのローコスト住宅になってしまう恐れがあります。建物として基本的に押さえておきたいのは、構造体の性能や品質です。福岡のローコスト住宅は、ここのレベルを落とすわけにはいきません。福岡の家の作り方や住み方についてきちんと理由のある切り詰め方をすることで総額を下げて、使い勝手の良さや豊かな空間、必要な品質はしっかり確保することが大切です。福岡でローコスト住宅を実現するためには、家造りのどんなところにコストダウンできる要素があるのかを考えてみることです。例えば外観については、家を単純な形にまとめるとコストダウンにつながるとよくいわれます。外壁がギザギザに雁行したり、凸凹な形をしていると、シンプルな箱型の場合に比べて施工面積が増え、施工手間もかさんでコストアップ要因になるからです。外壁がシンプルな箱型だと屋根の形も単純にできます。最も単純な形は陸屋根と呼ばれる水平の屋根版にする方法で、これなら真四角の箱型になりますが、これは鉄筋コンクリート造に向いた形です。どんな構造形式にも合う単純な形と言えば、一般に片流れや切妻という、傾斜した屋根版を乗せる方法です。この時、同じ箱型で傾斜の条件を揃えて比べてみると片流れにした場合は外壁面積が増えます。